少ない年金と「人生100年」 74歳、求職活動の風景(京都新聞) – Yahoo!ニュース

奨学金を利用すると利子の返済 子どもの未来と重荷と 滋賀県栗東市の主婦奥村知子さん(42)は昨年、当時高校3年だった長男(19)と電卓をたたいて驚いた。長男が望む柔道整復師の専門学校に通うには、奨学金を利用すると利子の返済を含め550万円必要で、学資保険でためた250万円の倍以上になった。「返せるかな」。話し合いの末、長男は就職を選んだ。「親が借金をしてでも学校に行かせるべきだったか」との思いが頭をよぎった。 奥村家は5人きょうだい。長男は2010年に導入された高校無償化の恩恵を受けたが、次女(8)と次男(5)の幼稚園費が重なり、夫の収入の半分を教育費に使った。今年10月からは幼児教育・保育無償化が始まる。知子さんは「親の収入による教育格差をなくせる」と政策の流れは歓迎するものの、次男が通う幼稚園は開園日数などの条件で無償化の対象外だ。 漫画家、パン屋さん、電車の運転手…。子どもたちは口々に夢を語る。「子どもが増えれば喜びも増えるのに、教育費は不安でいっぱい」。おなかにいる6人目の子が成人を迎えるとき、知子さんは還暦を過ぎる。「教育費さえためられないのに、自分たちの老後までとても考えられない」  今を生きる世代だけでなく、未来の担い手にも安心をもたらす給付と負担の姿をどう描くのか。責任ある政治の出番だ。◇ 参院選では安倍政権の6年半をどう評価するかが問われる。年金や景気、憲法改正や教育…。争点となっている政策課題の現場を訪ねる。

情報源: 少ない年金と「人生100年」 74歳、求職活動の風景(京都新聞) – Yahoo!ニュース

広告

marius0401さんのツイート: “190611 #ファーウェイ 一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か(遠藤誉) Yahoo!ニュース https://t.co/TsM0CAvtYT ▼ 日本もOSがある https://t.co/uDd457IOZr 中国も当然作れる。 そうなると、携帯は安く作れる中国企業の勝ちか。”

「圧力外交」成功でトランプ氏自信 米中協議は難航 – 産経ニュース

【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は、不法移民対策の強化を求めてメキシコに関税の圧力をかけ、同国に国境警備強化などを約束させる成果を上げた。関税発動を交渉…

情報源: 「圧力外交」成功でトランプ氏自信 米中協議は難航 – 産経ニュース

トランプ政権と下院民主党の紛争はエスカレート

アメリカ ウオッチ Yuko's Blog

Image result for images of Trump & Barr vs. House DemocratsBy   MSNBC

今日5月2日、司法省長官ウィリアム.バァーは、下院司法委員会の公聴会での証言をスキップした。その後、下院議会の議長ナンシー.ペロシはバァーが議会に虚偽を語ったとして、その行為を「犯罪」であると批判した。下院議会委員会の召喚と調査に対する全ての扉を閉ざしたトランプ政権と民主党の戦いは前代未聞の緊張に達している。民主党リーダー達はバァーに対して議会侮辱罪を発行する可能性がある。現在、バァーがミュラーの報告の真実性を弱体化する動きがあったことは益々明白になっている。

元の投稿を表示 さらに13語

A walking tour of Ålesund’s window eyebrows for you, my fellow off-season tourists

Picnic at the Cathedral

Norway’s tourist season is mid-June through mid-August, meaning that’s when most attractions outside of Oslo (besides ski hills) are open.  Traveling here in April has been a relief after over-touristed Portugal, but you should know about the challenges too, particularly in Ålesund.

alesund

Our main reason for visiting Ålesund, a windy town in the western fjords, is to see the famous Art Nouveau architecture, which was built in hurry after a fire in 1904.  (Let’s just say that, as Chicago residents, we have a soft spot for windy places by the water whose architectural origin story involves a catastrophic fire).  We were planning on picking up a special guide to the architecture from the tourist information center or the Art Nouveau museum but the TI is closed and the museum doesn’t have the book in stock.   The contemporary art museum is also closed and so is the museum of oldest house…

元の投稿を表示 さらに106語

Family supporting Bingham Jr. during MSU run | Fox17

MINNEAPOLIS — The family of Grand Rapids native Marcus Bingham Jr. is coming out in full force to support the Spartans in the Final Four.Bingham said his mom, dad and brother are coming to Minneapolis to watch the game at U.S. Bank Stadium. Back home, the staff at Mary Free Bed Rehabilitation hospital is throwing a watch party for his grandma, Marilyn Williams, who is recovering from back surgery.Bingham said his family support means a lot to him and had a message for his grandmother:

情報源: Family supporting Bingham Jr. during MSU run | Fox17

『聖書信仰とその諸問題』への応答5(藤本満師)

鏡を通して ―Through a Glass―

その1 その2 その3 その4

藤本満先生によるゲスト投稿シリーズ、第5回目です。

*     *     *

5 伝承と聖書の関係――語られ、聞かれた「言葉」の意義

5回目と6回目は、言葉は、「書かれる・読まれる」以前に、まず「話される・聞かれる」という常識論(私としては)を記してみます。筆者は、この2回も、『その諸問題』への直接的応答を念頭においていません。しかし、逐語霊感説(言語霊感説)の陥りやすい問題に言及しようとする試みです。「神の言葉はまず語られ、聞かれた言葉である」と言うとき、もちろん、書き下された言葉(聖書)に神の霊感が直接に及んでいることを否定することでも、その真実性を減じることでもありません。しかし、言語霊感と言いつつ、あまりにも霊感を「書かれた言葉に限定して」聖書信仰を理解しようとすると、まず神の言葉は話されたもの、語られたもの、聞かれたものであるという大前提を見逃す傾向が生まれることを2回にわって考えてみます。

第5回目の今回は、「書かれた言葉」である聖書を逐語霊感的に論じる場合に、軽視しがちな「伝承の意義」を考えます。そして次回は、言葉が語られる・聞かれるということの本質から「聖書と説教」の関わりに言及してみます。

なお本稿には、先のベン・ウェザリントン、またヤロスラフ・ペリカンの『聖書は誰のものか?――聖書とその解釈の歴史』の第一章から、さらには近年大きな反響を呼んだリチャード・ボウカムの『イエスとその目撃者たち――目撃証言としての福音』から、筆者が教えられたことが多く含まれています。

元の投稿を表示 さらに84語