入れ歯や差し歯にかわる新たな技術と言われ

良い記事です

望月のミッキー日記

入れ歯や差し歯にかわる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は原則的には一生涯持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。
対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

差し歯とくらべて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特性という事になります。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持っ立ため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどです。
しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じた時は速やかに歯科医の診断をうけることで早めの対応をしていきましょう。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。その他の手段、たとえば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療しゅうりょう後、義歯だと気づく人はまずありません。見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。

自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。簡単にインプラントとクラウンのちがいを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラント治療が候補となります。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療して貰うように努めて頂戴。それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。

どうにも入れ歯がしっくりこない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。

インプラント治療のしゅうりょうは義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスをうけなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診をうけるように言われます。

この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治指せることが必要条件です。さらに、美容整形をうけてあごの骨を削った患者さんも治療に結構の危険が伴います。
持ちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。
歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

どんな方にもインプラント治療が良いりゆうではありません。いろいろな事情から、他の治療がうけられない患者さんがうける治療です。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。入れ歯にくらべ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れでは無いでしょうか。

インプラント 大阪
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、すべて自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除をうけられます。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引く事が出来ます。
確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときに貰う領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中