【健診に備えよう】悪玉コレステロール値を下げる食べ物10選

いい記事です

The Pharos Stack

http://ift.tt/19bSoCI
– IRORIO(イロリオ) posted on 2015-03-22

コレステロール値が高いと、心筋梗塞など心疾患のリスクが高まる。そこで今回は、コレステロール、特に健康にマイナスの影響をもたらす悪玉タイプを抑制する効果が期待できる食べ物を紹介する。 ナッツ – クルミ以外にも、アーモンドやカシューナッツもコレステロール値の上昇を抑制できる。

緑茶 – 紅茶や烏龍茶にもコレステロールを下げる効果があるが、お茶類の中でその効果が突出しているのが緑茶。
大豆 – 含まれるタンパク質に血中のコレステロールを減らす働き。豆のままだけでなく、豆腐や豆乳といった加工されたものも効果あり。
赤ワイン – 特にテンプラニーリョというブドウの品種で効果が大きい。また、抗酸化と抗炎症の作用がある物質も含むので、動脈の病気を予防する働き。
チョコレート – 抗酸化物質を含み、これが善玉コレステロールを増やしてくれる。加えて、血栓を防ぐ働きもある。ダークチョコレートは抗酸化物質の量がミルクチョコレートの3倍超。
豆類 – インゲン豆、黒豆、ひよこ豆、レンティル豆と、豆類は総じてコレステロール対策に有効。というのも、食物繊維が豊富だから。
オーツ麦 – 豊富に含まれるベータグルカンと水溶性繊維がコレステロールを撃退。そのほかにも血糖値上昇を抑制したり、食物繊維が豊富なのでお通じがよくなったり。
オリーブオイル – 主要成分であるオレイン酸には、コレステロールを下げる働き。悪玉だけを減らしてくれるのが特徴。ポリフェノールなどの抗酸化物質も含む。
グレープフルーツ – 食物繊維のペクチンが、血中にたまったコレステロールを掃除。グレープフルーツ自体にコレステロールを含まず、またカロリーも少ないのでダイエットにも重宝。

アボカド – 高カロリーで高脂肪だが、含まれる脂肪は良質。
【私見】
バランスの取れた食事と十分な睡眠と適度な運動に加えてこれらの食品を用いることが大切だと思う。
via IFTTT

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中